受講にかかる費用

受講にかかる費用

介護職員初任者研修の受講にかかる費用は、どの方法で受講するかによって異なります。大まかに地方自治体などの公的機関、専門学校などの民間の団体、通信講座、大学や短大などの学校といったように分かれます。公的機関、大学、短大は在学生である、その地域に住んでいるといった条件を満たしていなければなりません。その分費用はかなり安く、場合によっては無料ということもあります。最低限、テキスト代のおよそ7,000円がかかる程度です。機関によってそのほかの費用にもかなり差があって、0円からテキスト代込みの5万円代まで幅広くなっています。

 

どちらかといえば、専門学校や通信講座の方が身近に感じられるため、多少費用が高くても介護職員初任者研修を専門学校で学びたいという人はいます。公的機関と比べて費用は高く設定されていて、大ざっぱに見て5万円から10万円といったところです。民間団体では欠席しても補講というかたちで補うことができるため、公的機関よりもサービスが良いというところもあります。

 

介護職員初任者研修では実践の介護実習を受ける必要があるため、通信講座であっても完全に通学しないというわけにはいきません。通学にかかる費用をトータルで考えてみて、どの方法でもっとも費用がかからないかを判断しましょう。