ホームヘルパー2級を持っている人

ホームヘルパー2級を持っている人

2013年4月以降、介護職員になるための入り口は「介護職員初任者研修」となります。今までは「ホームヘルパー2級」、「ホームヘルパー1級修了者」、「介護職員基礎研修修了者」があり、その学習範囲には重複する部分が少なからずありました。しかしながら、今後介護職員の研修は「介護職員初任者研修」から始まり、その上位に「実務者研修」、「介護福祉士」、があります。さらに、現時点では仮称ですが、「認定介護福祉士」が介護福祉士の上位資格となります。介護職員の資格を認定するための研修は体系化され、明確なものになったのです。

 

これまでの資格のうち、ホームヘルパー2級が介護職員初任者研修へと変わります。そして、研修の方法も変わります。すべての研修にかかる時間については、130時間ということで変化していません。変わったところは、30時間あった施設実習が廃止となり、その分スクーリングの時間が増えたことなどです。また、ホームヘルパー2級はすべての研修を修了すれば誰でも資格を取得することができたことに対して、介護職員初任者研修では全課程が終了した後に筆記試験が行われます。

 

ホームヘルパー2級は、2013年3月末で廃止されました。ただ、ホームヘルパー2級の資格をすでに取得している人については、その資格は有効です。再度研修を受け直すことなく、介護職員初任者研修修了者として、介護の仕事を続けることができます。