どこで取る?介護職員初任者研修の資格

介護職員初任者研修とは?

2013年4月から介護職員初任者研修課程が始まります。今までは「ホームヘルパー2級」、「ホームヘルパー1級修了者」、「介護職員基礎研修修了者」という資格があり、その学習範囲が重複する部分もありました。

 

今後は「ホームヘルパー2級」が「介護職員初任者研修課程」へと変わり、そこからスタートして「実務者研修」、「介護福祉士」、「認定介護福祉士」(仮称)というようにステップアップしていきます。この変更によって、介護業界で働く人の養成課程が体系化されていきます。

 

介護職員初任者研修課程は、現在のホームヘルパー2級と同じ130時間の学習をします。時間数そのものは同じですが、今まで30時間あった施設での実習が廃止となり、スクーリングの時間が増えます。そして、今までのホームヘルパー2級では、規定の研修を修了することで、誰でもホームヘルパー2級の資格を取得することができたのですが、介護職員初任者研修課程は、全課程終了後に筆記試験が行われます。

 

学習の進め方としては、課題学習は通信で受けることができ、学校へ通う必要はありません。制限時間もなく、自分のペースで進めることができます。スクーリングで実技演習をしますが、48時間(8日間)で終了します。また施設、デイサービスセンター、訪問介護などにおいて30時間(4日間)の介護実習があります。

関連サイト

e-介護職員初任者研修の資格|最短での取得方法はコレ!・・・介護職員初任者研修の資格を取るための最短方法